脱毛サロンへ行く前の自己処理ってどうするの?

脱毛サロン前日の自己処理と正しいシェービング方法

脱毛サロンに行く前の不安、解消しましょう!

女性たちの脱毛意識の高まりにより、エステサロンで脱毛を行う人は年々増加しています。ムダ毛があると、せっかくのおしゃれを楽しめません。しかし、毎日、自分でお手入れをするのも限界があります。せっかくきれいにしようとしているのに、逆に皮膚を傷つけてしまったり…。 しかし、いざサロンへ行こうと思っても、その敷居は高く、不安なことが多いのも確かです。


初回に必要なことって?

初心者に多い疑問のひとつに、「エステサロンに行くときは、あらかじめムダ毛の処理をしていかなければいけないの?」というものが多く挙げられますが、これは、実際に必要なことなのでしょうか。


エステサロンを予約すると、まず行われるのが無料カウンセリングです。初回は、ほとんどのサロンがこのカウンセリングのみを行います。このカウンセリングでは、その人の肌状態や毛量、毛の太さなどを見極めた上で施術を行う部位やコースを決めます。このように、初回では毛の状態を見るので、特にムダ毛の処理をしていく必要はありません
なかには、テスト照射などを行うサロンもありますが、この場合もとくにセルフケアはしていかなくても大丈夫です。


実際に施術を受ける前にすること

初回のカウンセリングが終了し施術部位が決まると、次に訪れるのは実施に施術を受ける日ということになります。その時には、必ずムダ毛の自己処理が必要になります。


脱毛エステサロンで行われる脱毛方法は、「フラッシュ脱毛」といって、光によって毛根にダメージを与えて毛を徐々に薄くしていく方法です。 この時に照射される特殊な光はメラニン色素に反応するものなので、毛が長い状態のまま残っていると毛根にうまくダメージが伝わらず、あまり効果を得られない場合があるのです。
また、フラッシュとメラニン色素が反応した時に熱が発生しますが、毛が長いと反応する面積が大きくなるため広い範囲で熱が発生しやすく、皮膚のただれや赤み、最悪の場合にはヤケドなどが起こる可能性があるので注意しなくてはいけません。
そこまで行かなくても肌に光のダメージが出て、肌荒れやひどい乾燥状態になる場合があります。そんなトラブルを避けるためにもムダ毛の処理は大切です。


自己処理のタイミングは?

施術前のムダ毛処理はいつ行うのがいいのでしょうか?
ほとんどのサロンで、「施術当日ではなく前日までにムダ毛処理をしてください」と言われていますが、実際には施術予定日の2~3日前がベストです。
前日や数時間前など直前に処理を行うと、ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまうとか、フラッシュが反応する範囲が狭まることで十分な効果を得られないことがあるからです。また、カミソリ負けによって肌が炎症を起こしてしまうこともあります。たとえそのような場合でも、2~3日経てば、炎症も治まりますので、安心して施術を受けることができます。


ムダ毛処理を行う時におすすめなのが、電気シェーバーです。特に、フェイス用のものがベストです。これはもともと肌に負担をかけないように作られているため、刺激を与えずにムダ毛処理をすることができます。自己処理を行った後は、しっかりと保湿をして、肌のコンディションを整えておくことが大切です。


自己処理を忘れてしまったら?

もし、施術予定日前に自己処理を忘れてしまったら、その日は施術を受けられないのでしょうか?この場合は、サロンによって対応はまちまちです。

サロンに準備してある電動シェーバーや自分で持ち込んだシェーバーで、その場で処理をすれば施術を受けられるところもあります。しかし、その日の施術は受けられないというサロンもありますので、しっかり確認が必要です。
また、サロンスタッフに処理をお願いする場合は、無料の場合と有料の場合があります。こちらも各サロンで確認してください。
なお、VIOラインなどのデリケートゾーンや自分では処理するのが難しい背中などは、サロンで処理をしてくれる場合がほとんどです。これも無料または有料の確認を忘れずにしてください。とくに、Oラインは自己処理が難しい部位なので、サロンで処理してもらうようにしましょう。

敏感肌さんにこそサロン脱毛がオススメな理由

「敏感肌だから、脱毛はできないんじゃない?」「アトピーで乾燥肌の私は脱毛は無理…」と諦めて自宅でセルフケアを続けている人もいると思います。
確かに、フラッシュ脱毛は光を使ってお肌の奥にある毛母細胞を死滅させる方法ですので、お肌へのダメージはゼロではありません。でも、だからと言って自己処理を続ける方が安全なのか?というとその答えはノーです。


敏感肌の人こそサロン脱毛を!

今、エステサロンでの施術の主流になっているフラッシュ脱毛という方法は、肌への影響を最小限に抑えるように考えられた施術方法です。また、施術前後には、肌に潤いを与える効果がある美容液などを使用し、肌への負担を減らす処置をしっかりと行ってくれるので、肌の状態が施術前より良くなるという人もいるほどです。


たとえばワキの脱毛を例に考えてみましょう。ワキの脱毛完了までは個人差がありますが、4回~12回程になります。約2カ月ごとサロンでの施術を行いますので、その間は光の照射を行います。ですが、それが終了すればほぼ自宅での自己処理が必要なくなります。セルフケアの必要がなくなれば、もう肌への負担もほぼゼロになるわけです。
長い目で見れば、サロンでの脱毛が肌にとってベストな選択だということが理解できると思います。


どんなトラブル肌でも施術可能?

サロンによって、または施術法によって多少の違いはありますが、施術不可のトラブル肌があります。
それは日焼け直後の皮膚です。


フラッシュ脱毛は、黒いものに反応し、エネルギーが集中するようになっています。そのため、日焼けで黒くなった肌に光を照射すると肌そのものに反応をしていまい、色素沈着を起こすだけではなく、ひどい時にはヤケドのような症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。 ですので、サロン脱毛をしたいと考えている場合は、日焼けは避けるようにしましょう。また、紫外線の強い夏の時期を避けて、施術を受けるようにするといいでしょう。


トラブル肌が心配な人は入念なカウンセリングを!

前述したように、どんな脱毛サロンでも初回にはサロンスタッフによるカウンセリングが行われます。この時、脱毛箇所の確認だけではなく、体質や肌質の確認も行われます。その際、自分の肌トラブルなど気になっていること、見た目には分からないアレルギーや体質のことなど、正直に話すようにしましょう。
そこで、施術での影響の説明もありますし、よく肌の状態を見てもらい、トラブルの種類によっては事前のテスト照射を行ってくれる場合もあります。事前のテストで問題がなければ、その後の施術への安心度もアップしますし、気持ちを楽にして施術に通うことができます。 せっかくきれいになるために行ったサロンでの施術で、逆に肌を傷つけてしまっては本末転倒です。大切な肌を脱毛で台無しにしないためにも、しっかりとカウンセリングで確認をして、サロン選びを慎重に行ってください。


施術後のケアも重要!

トラブル肌の人は、施術後にも要注意です。脱毛施術によってどうしても乾燥が進んでしまいがちになるからです。なので、施術後には、しっかりとケアをしたいもの。アフターケアをとくに重視しているサロンもありますので、そういうサロンを選ぶというのもこれ以上、トラブルを抱え込まないためには大切になります。
もちろん、セルフケアも大事です。サロンでのケアの後も、とくに保湿には気をつけましょう。普段使用している美容液や乳液などをしっかり使用し、乾燥しないように気をつけます。また、日焼けを避け、肌への刺激を極力与えないようにすることが大事です。


なお、施術後のムダ毛の自己処理は、自然に毛が抜けてから行いましょう。施術を行っていない毛穴からは毛が生えてきますので、これをシェーバーなどでシェービングしてください。
この時、毛抜きで抜いてしまうと毛周期が変わってしまい、次の施術で脱毛の効果が感じられなくなることがありますので、毛抜きの使用は避けましょう

PICK UP!

  • キャンペーンページ
  • 脱毛サロン座談会