脱毛サロンの種類と脱毛方法を解説

脱毛サロンの脱毛方法【痛み・範囲・効果・費用】の違い

一口に脱毛と言っても、その方法はいろいろあります。 セルフケアで行われているカミソリや毛抜き、除毛クリームなども脱毛方法のひとつです。また、最近では家庭用脱毛器なども効果の高いものが販売されています。 では、クリニックやエステサロンで行われている脱毛方法とはどんなものなのでしょうか?ここでは、具体的な施術の方法のほか、脱毛範囲や効果費用はもちろん、気になる痛みについても見て行きましょう。

4つの主な脱毛方法

ニードル脱毛

  • 痛み     痛い★☆☆☆☆痛くない
  • 脱毛範囲   狭い★☆☆☆☆広い
  • 効果     低い★★★★★高い
  • 時間     長い★☆☆☆☆短い
  • 費用     高い★☆☆☆☆安い

別名「電気脱毛」と呼ばれるニードル脱毛は、ムダ毛が生えている毛穴に電流が通る細い専用の針(ニードル)を突き刺して、ムダ毛を生やす細胞を死滅させる脱毛方法です。施術は、医療機関のみで受けることができます。
永久脱毛法としてはもっとも歴史が古く、かつては主流となっていた方法です。脱毛効果としては高く、ほかの脱毛方法での脱毛完了後生えてくるうぶ毛などにも効果を発揮します。また、毛周期に関係なく施術ができますので、脱毛完了までの期間は短くて済みます。
しかし、費用は高く、また電気を流すときに強い痛みを伴うのが特徴。施術後は、赤く腫れるなどの症状が出やすいので、肌がデリケートな人はとくに注意が必要です。最近では、ほかの脱毛方法では脱毛が難しい部位にだけ使われるケースが多いようです。


レーザー脱毛

  • 痛み     痛い★★★★☆痛くない
  • 脱毛範囲   狭い★★★★☆広い
  • 効果     低い★★★★☆高い
  • 時間     長い★★★★☆短い
  • 費用     高い★★★☆☆安い

皮膚に黒色に反応する光をあてて、毛を作る細胞を死滅させる脱毛方法です。ニードル脱毛のような痛みはなく、レーザー光が当たるときに、一瞬パチっとするだけです。現在のクリニックでの脱毛は、ほとんどの場合が、このレーザー脱毛法を採用しています。
一度に複数の毛穴に照射することができますので、短時間で永久脱毛を完了することができます。レーザーの威力は、エステサロンでの光脱毛よりも高いレベルでの照射になりますので、短時間で脱毛したい人にはおすすめです。その分、費用が高額になります。また、目の周りやIラインの内側、アザやホクロ、シミなどのある皮膚には施術することができません。
施術は毛周期に合わせて行われますので、2~3カ月に一度の割合で通うことになります。脱毛完了までの期間は、個人差がありますが、一部位で6~8回ほどで、脱毛効果も高くなります。施術は医療機関のみで受けられます。


光(フラッシュ)脱毛

  • 痛み     痛い★★★★★痛くない
  • 脱毛範囲   狭い★★★★★広い
  • 効果     低い★★★★☆高い
  • 時間     長い★★★★★短い
  • 費用     高い★★★★★安い

レーザー脱毛よりも少し威力の弱い光(フラッシュ)を照射して脱毛を行う方法です。広範囲に当てることができるので、大きいパーツにおすすめの脱毛方法です。光脱毛には、冷たいジェルを塗って光を当てるSSC方式と、光が肌の黒いメラニンに反応して毛根にダベージを与えるIPL方式のふたつがあり、どちらを採用しているかはサロンによって異なります。ですが、効果としてはあまり変わりがありません
痛みはレーザー脱毛よりも少なく、痛みに敏感な人でも無理せず施術を受けることができます。その分、脱毛効果はレーザーよりは低くなるため、脱毛完了まではレーザー脱毛より長くかかります。しかし、エステサロンなどの店舗で行うことができるので、医療機関とは違い、さまざまなコースが用意されていて、費用も安く抑えることができるのが特徴です。
レーザー脱毛同様、目元やIラインの内側、アザ、ホクロ、シミなどがある肌には施術ができませんが、ホクロなどにはカバーをして施術をしてくれるサロンも多くありますので、希望する施術部位に気になる箇所がある場合は、スタッフに相談しましょう。施術は毛周期に合わせて行われます。


ワックス脱毛(一時的な脱毛)

  • 痛み     痛い★★☆☆☆痛くない
  • 脱毛範囲   狭い★★★☆☆広い
  • 効果     低い★☆☆☆☆高い
  • 時間     長い★★★★★短い
  • 費用     高い★★★★★安い

脱毛専用に作られた粘着力の高いノリのようなワックスを温めて肌に塗り、ムダ毛とワックスを接着させ、それを剥がして毛を毛根から引き抜く脱毛方法です。ただ抜くだけですので、時間が経てばまた毛は生えてきます。ですが、根元から抜くため、そのサイクルはカミソリでの自己処理よりは長くなります。広範囲をいっぺんに脱毛できますので、毛抜きで1本ずつ抜くよりも手間はかかりません。
サロンでの施術のほか、自宅用のキットも販売されているので、手軽で費用も安くできます。しかし、当然ながら肌への負担も大きく、痛みもかなりあります。さらに、デリケートゾーンなど、皮膚が柔らかい部位は、ワックスを無理に剥がすと危険を伴う場合があります。必要な場合は、エステサロンでの施術を行ってください。
効果としては、あくまでも一時的な脱毛になりますので、その場しのぎと考えた方がいいでしょう。

PICK UP!

  • キャンペーンページ
  • 脱毛サロン座談会