脱毛サロンで受けられるVIO脱毛のメリット

VIO脱毛徹底ガイド|脱毛する時の恰好や脱毛範囲

これまではVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)というと、ごく限られた人たちだけが行うというイメージがありました。しかし、欧米などでは一般的に行われていましたし、今では日本でも多くの女性がさらに美しくなるためのツールとして、積極的に受けるようになってきています。


もともとVIO脱毛を行う部位は、デリケートゾーンなだけになかなか誰かに相談する機会というのは少ないもの。ですが、密かに悩んだり、気になっているという人は意外と多いのではないでしょうか。また、Vラインのいわゆるアンダーヘア以外はなかなかセルケアも難しい箇所です。だからこそ、プライバシーが守られた落ち着いた空間でスタッフに相談できるサロンでの脱毛にぴったりです。

VIO脱毛って?

VIOはどこのことを言うの?

ちなみにデリケートゾーン全体のことだと思われているVIO脱毛ですが、具体的にはどの部位を指すのでしょうか。

・Vライン
ビキニラインとも呼ばれる恥部の正面のことで、アンダーヘア、トライアングルとも表現されます。太ももまわりのムダ毛などは自分でもケアしやすい部位です。しかし、カミソリでの自己処理は皮膚に傷をつけたり、色素沈着などの可能性があるので注意が必要です。

・Iライン
陰部の周辺にムダ毛の生える辺りで、セルフケアをするには鏡を使って行う必要があります。とくに夏場は蒸れやすいので、匂いや皮膚のトラブルが気になるところです。

・Oライン
Oラインは肛門のかたちからネーミングされた部位で比較的ムダ毛が少ないといわれていますが、個人差があるのでチェックが必要です。自分で確認するのはかなり難しいので、サロンでの脱毛をおすすめします。

VIO脱毛のすすめ方

実際のVIO脱毛はどのように行われるのでしょうか。
まずはほかの部分脱毛と同様に、担当スタッフからカウンセリングを受けます。 肌状態のチェックやVIOライン脱毛の料金、施術の仕方など、これから行う施術についての説明を受けます。
ほかの部分脱毛と違うのは、このカウンセリング時に実際にVラインのデザインをどのようなイメージにするかことを決めていくことです。このとき、デザインのマーキングには蛍光ペンなどが使用されます。一緒に相談しながら担当スタッフが仕上がり後のかたちを描いていきます。ここでは積極的に自分の希望を言いましょう。
もちろん、具体的な希望がない場合やイメージが湧かない場合は、スタッフからのアドバイスもありますので、安心です。なお、最初に決めた形は2回目以降でも微調整が可能ですので、1回目の施術が終わってから気になったことははっきりと伝えるようにしましょう。

脱毛方法と具体的な施術スタイル

施術を受ける際は完全個室になっていますので他人の目を気にすることなく安心して脱毛をしてもらえます。
脱毛方法は、サロンによって名称が異なりますが、ほとんどのサロンが光(フラッシュ)脱毛を採用しています。これは、クリニックで行われているレーザー脱毛や医療脱毛とは違い、痛みも少なく安全な脱毛方法です。基本的には、処理と冷却を同時に行うのが一般的で、こうすることにより、脱毛の痛みもほとんど感じることがありません
また、最新のフラッシュ脱毛マシンを使用しての脱毛は、施術時間も短く、肌への負担も少ないのが特徴です。1回の施術時間は30分~1時間くらいのところがほとんどです。


VIO脱毛で気になるのがその施術スタイルです。サロンによって若干の違いがありますが、次のような体勢で行います。

・Vライン脱毛:基本的に仰向けで行う。
・Iライン脱毛:仰向けで膝を立て、片方ずつ処理。片足をずらしながら行う。
・Oライン脱毛:後ろからの施術のため、うつぶせの体勢で行なう。


ちなみに、ほとんどのサロンではハイジニーナ脱毛を行う場合、紙のショーツを用意していますので、下半身が完全に裸になることもありません
セルフケアをしていた頃に比べるとムダ毛がどんどん細くなっていくので目立たなくなるだけでなく、よくあるチクチク感も気にならなくなります。もちろん、セルフケアの手間も省けます。


アンダーヘア脱毛というと、恥ずかしさが先に立ってしまうという人もまだまだ多くいますが、スタッフは女性ばかりですし、相手はプロなので、ほとんど気にしていません。現在は、全身脱毛も人気になっていますし、VIOラインの脱毛は見た目の美しさだけではなく、脱毛することによりショーツや生理用ナプキンで擦れたり、おりものや生理の際に起こりやすい雑菌の繁殖を抑えることができます。

PICK UP!

  • キャンペーンページ
  • 脱毛サロン座談会