ムダ毛のカミソリや毛抜き処理がダメな理由

ムダ毛のカミソリや毛抜き処理がダメな理由

女子なら誰でも気になるムダ毛ケア。その方法は、カミソリをはじめ、除毛クリームや脱毛テープ・ワックス、さらに毛抜きなどさまざまあります。
でも、手軽にできるからといって、それらの方法でやり続けていると、取り返しのつかない結果を招いてしまうこともしばしば。このような失敗を避けるために、知っておきたいNGなムダ毛の処理方法とオススメのムダ毛処理についてまとめてみました。

カミソリによるムダ毛処理は最もお肌に負担をかける?

最も手軽でしかもお安くできるということで、カミソリを使ったムダ毛処理を行っている人は多いでしょう。しかし、だからといってこの方法を長い間続けているのは、実はお肌にとっても危険なのです。カミソリが直接、肌に触れることにより、肌がボロボロになってしまうことも!
目には見えなくても、カミソリの刃は皮膚の表面を削ってしまうので、敏感肌の人はもちろん、そうではない人にとっても肌負担は相当なものになります。さらに、毛穴を傷つけてしまい、毛穴そのものがふさがってしまうということもあります。

カミソリによるムダ毛処理の肌トラブル

埋没毛:毛が皮膚に埋もれたままで伸びてしまうという症状
先埋没毛:毛の先端が尖ることで、毛穴ではない肌内部を貫通してしまうという状態


カミソリでムダ毛を処理すると、このようなトラブルを招きます。
そうなると、毛が皮膚外に出るまでには時間がかかり、内部で細菌が発生し感染を起こした「毛嚢炎」という病気の原因にもなり兼ねません。
そこまでのケースに至らなかったとしても、カミソリ負けをしてしまう人や、カミソリの刃を何度も肌に当てていることで、皮膚の表面が黒ずんできてしまうこともあります。


もちろん、こうしたトラブルは電気シェーバーやボディーシェーバーなどでも同じこと。カミソリに比べれば、肌への負担は少ないものですが、同じように皮膚の表面を傷つけることになります。


こうした毛穴トラブルや色素沈着といった問題は、その後どんなにスキンケアに気をつけてもなかなか改善方法が見つからないことも多く、時には一生その肌で過ごしていかなくてはならない、重大な問題になる場合もあります。

毛抜きによるムダ毛処理も危ない!

一方、毛抜きによるムダ毛の処理方法は、古くから行われてきました。毛抜きは毛の毛根から引き抜くので、一度抜いてしまえば一週間ほどは生えてこないというメリットがあります。手軽にできる上に、しっかりと処理できるので、有効なムダ毛処理方法と思われていますが、実はこれも肌負担の大きい危険な方法なのです。毛抜きを使って同じ箇所の毛を抜け続けていると、毛穴がだんだん広がって行き、そこに角栓が溜まりやすくなります。これが酸化すると黒く変化してぶつぶつとなり、目立つようになります。
また、毛穴の周りが膨れ上がり、その中にある毛も黒く見えます。もちろん、肌触りも全体的にザラザラした質感になり、とても美しい肌とは言えない状態になることも。


また、毛根から抜け切れずに途中で切れた毛は埋没毛の原因になることもあります。 カミソリでの処理同様、毛を無理に抜いたことで毛根の内部を傷つけてしまい雑菌が入ることによって「毛嚢炎」を発症したり、色素沈着や皮膚そのものを傷つけ出血してしまうなど、肌へのデメリットは数え上げたらキリがないほどです。

毛抜きによるムダ毛処理以外も注意が必要!

毛抜きではなく、脱毛テープを使う方法やワックス脱毛も基本的には同じことです。 テープやワックスは一度に広範囲の処理ができるので、毛抜きより手軽な方法と思われています。
また、ワックスに使われているのは、ハチミツなどの天然素材なので、肌へメリットの方が注目されがちですが、実は毛穴への負担は毛抜きよりも大きいくらいなのです。

何度も繰り返し使用していると、毛穴は広がり、黒い角栓が目立つようになります。 もちろん、皮膚への負担も大きく、テープやワックスを剥がすときに慣れていないと、皮膚そのものを剥がれてしまったり、温度調整がうまくできずに火傷をしてしまうこともあります。もちろん、剥がすときの痛みもあり、ムダ毛処理以上に大きなダメージを皮膚に与えてしまう原因にもなります。
毛を抜くという行為自体が皮膚への負担が大きい行為なので、ムダ毛処理としてはおすすめできない方法ということです。

クリームやジェルの薬剤を使用した脱毛方法は?

除毛クリームや除毛フォーム、脱毛クリームなどと呼ばれている薬剤を使って毛を溶かすムダ毛処理方法もあります。これらには、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれていて、それによって毛を溶かすというもの。処理したい箇所に薬剤を塗って数分置いた後に洗い流すだけという方法なので、手軽に広範囲のムダ毛を処理できるので、使用している人も多い方法です。
中には皮膚の表面よりも深いところの毛まで溶かすことができるものもあり、カミソリよりもメリットが大きく、見た目にもきれいに処理できます。


しかしもちろんこの方法も、皮膚への負担は免れません。とくに敏感肌の人には、ダメージも大きくなりがちです。また、毛根ごと抜くわけではないので、すぐにまた毛は伸びてきます。なので、処理回数が増えることによるデメリットもその分、増えることになります。

デメリットが少ない肌に優しい脱毛方法とは?

こうしたムダ毛の自己処理方法は、肌への負担も大きく、思った以上のダメージを与えるだけではなく、取り返しのつかないトラブルへと発展してしまうこともあります。 また、完全に処理することは難しいので、繰り返し行うことによるデメリットも多い方法ということになります。
長年、自己処理を行ってきた人は、ぜひ一度、じっくり自分のお肌をチェックしてみましょう。

ムダ毛に処理に肌への負担を出来るだけ少なくする方法

では、なるべく肌に負担をかけず、ムダ毛処理をするにはどうすればいいのでしょう?そこでおすすめしたいのが、フラッシュまたはレーザーを使用した脱毛方法です。
これらの脱毛は、毛が生える能力を無くして、根本から毛を生えなくする方法です。 脱毛をすれば、ムダ毛が生えてくることは無くなり、処理にかけていた時間もお金も必要なくなります。もちろん、肌への負担も大きく軽減されますので、何もしなくてもつるつるすべすべの肌になります。

ムダ毛処理におすすめしたい!3つの脱毛方法

脱毛の方法には次の3つがあります。家庭用脱毛器を使用し自分で行う方法と、クリニックでのレーザー脱毛やニードル脱毛、そして、エステサロンでの光(フラッシュ)脱毛です。


・家庭用脱毛器

自分で行うので、自分で好きなときに、手軽に使用できるというメリットがあります。また、最新のものではハイパワーのものも多く、初心者でも使い易く、肌にも優しいものが出ています。ただし、それなりの価格になりますので、最初に高額な負担があります。


・クリニック

ハイパワーな機器を使用する点では、エステサロンより効果は高いといえます。また、一回ずつの効果も高くなるので、施述の期間も短くて済みます。医師免許を持ったドクターによる処置という安心感もあるでしょう。しかし、その分、費用も高くなり、またハイパワーの機器を使用することによる副作用や痛みなどを感じる人もいます。


・エステサロン

メラニンの色に反応する特殊な光を毛根の組織に照射して行う脱毛です。無理に毛を抜いたりすることなく、ムダ毛が自然に抜け落ちていくので、肌への負担も少ないという特徴があります。
だいたい2カ月おきに施述を行い、個人差はありますが、6回(約1年)の処理でだいぶ目立たなくなり、12回(約2年)で自己処理はほとんど必要なくなります。 クリニックに比べると費用は安価で、しかも安全性も高い方法です。また、レーザー脱毛では難しいうぶ毛にも効果が出やすいのが光脱毛の特徴のひとつです。


どの方法か、ひとそれぞれですので、メリット・デメリットを把握して自分に合う脱毛方法を選ぶことが大事です。
一年を通してつい悩みがちになるムダ毛処理。でもせっかく綺麗になりたいという思いで行ったムダ毛処理が原因で肌トラブルを抱えてしまっては、後悔してもしきれません。
肌への負担も少なく、自分に合った方法を選んで、ますます女子力アップに磨きをかけていきましょう。

PICK UP!

  • キャンペーンページ
  • 脱毛サロン座談会